2004.12.8
12月7日。

「拾い喰い」の方でもちびっと触れましたが、先日、FOXチャンネルで放送された、「ティーン・チョイス・アワード」(略して、「ティンチョアワー」)が、もう、異常に楽しくて、すでに通しで3回くらい見ちゃってます。

なんでしょう、この楽しさは。

この番組、米国のティーンの投票で、TVドラマ、f画、音楽などの細かい部門のその年で一番ティーンのハートを掴んだ者に賞を与える(ちなみに、トロフィーではなく、サーフボード)授賞式の模様なんですけどね。

ちなみに、本国での授賞式は、8月にとっくに終わってます。
しかも、かなりカットされてるような気がします。

んで、その会場たるや、異常な盛り上がり。
ティーン達、最初っから最後まで、失神寸前の勢い。
立ち上がって、叫ぶは、奇声発するは、泣くは、わめくは。
大半のティーン客は、女子なんですけど、たまーに映るティーン達の中には、男子もチラホラ。
それがね、奥さん、もー、この子絶対、あっち系ってのばっかりなんですよ。
あっち系。
女子3人と男子一人のグループとかで。
しかも、この男子が一番奇声発してたりして。
奇声発してる相手は、舞台上のアシュトン・カッチャーとか、ヤング・スーパーマンだったりすんですから。
うはー

んで、ワタクシも奇声こそ発しませんけど、かなり楽しい気持ちなんですよ。
コレってもしかして、

アカデミー賞の授賞式より楽しいかも。

とか。
いや、絶対こっちの方が楽しいに違いないです。
なんつっても、ティーン・チョイス・アワードですからね。
受賞者、プレゼンターの中の一番の年長者が、マイク・マイヤーズですからね。
もー、うはうは。
あ。

例え、顔がたるもうと、三十路も半ばを過ぎようと、ティーンの心を失わないワタクシでありつづけたい。

・・・ような、そうでないような。

んがごご。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208