« May 2007 | メイン | July 2007 »

June 27, 2007

「ローマ」

rome.jpg
素敵放送局WOWOWさんで、7月13日(金)から始まる、歴史スペクタクルドラマ
「ローマ」(←WOWOWさん内オヒサル)
(ジャパンでも「ROME」だと思ったら、カタカナだったよ!!)
アメちゃんのHBOさんと、エゲレスのBBC共同制作で、そう制作費は200億円以上。
企画から完成まで、8年の歳月をかけた、超大作だそうで。
エミー賞では、美術、衣装、特殊視覚効果など、4部門を受賞。
なんかもう、大変なんだってことは、明らかですが。

アレックスとか、結構好きだったワタクシながら、歴史スペクタクルを、22話、お楽しめるのかどうか、ちょっと不安を抱きつつ。

でもね・・・うふふ、うふ、うふふ。



rome01.jpgカエサルの姪っこアティアの息子、ガイウス・オクタヴィウス役の、
Max Pirkisくん(現在18歳)
アメちゃんでの放送は2005年だったらしいので、撮影当時は、14~15歳だったと思われ。
ん?んんんん??
あーーーーー
このコ、 「太ももマスター」の、“戦う天使”じゃないのよ!!
(“戦う天使”とは、「太ももマスター」の公開時のチラシに、書かれていた名文であーる。)
“戦う天使”イメージ
“戦う天使”より、ちょびっと、あごの辺りに男らしさ増加傾向にあるけど、まだまだ美味しくいただけますね。
ね?
ねねね??

いやしかし、勢い余って、アメちゃんのオヒサル覗きに行って、ちょっと失速・・・
これは、失速するだろー、なんとなく。

あごの辺りに男らしさが・・・”とか、そういう次元超えちゃってるような。
なにかしら、力士的なにほひも感じるような。
なにかしら、花田兄弟的な。
なにかしら、井筒親方的な。
なにかしら・・・
もういいか。

とりあえず、この歴史スペクタクル、ワタクシの生誕記念日こと、7月13日(金)夜10:00~放送開始です。

あ、今年の生誕記念日、13日の金曜日だ。

めでたすぎ。

投稿者 kove : 12:39 AM | コメ(0) | c・覚え書き

June 25, 2007

北の国から2007~やっつけ。~

本日、初めましての人(女性)と、仕事について話していた時に、“その年齢(ワタシの年齢)だと、レジか掃除しかないですよねぇ~”と言われたました。

その人は、その後、“『れじ』と『そうじ』、どっちも『じ』ですね!”とも言ってました。

おま、そこはかとなく、ラッパーか。

そんなワタシも、思わず、“『行司』とか『判事』でもいいよね☆”と言いそうになったけど。

さて、もう、レジか掃除くらいしか、仕事にはありつけないらしいギリギリなワタクシ、今朝は、満腹ちゃんの遠足用お弁当作りで早起きです。
手抜きながらも、色々と取り揃え、弁当箱もぎっちぎちです。

でも、満腹ちゃんの一番のお楽しみの、玉子焼きに、味を付けるのを忘れました。
一切。
素玉子焼き。

もう、脳の機能的に、レジも掃除も無理そうです。
年中無休、有給休暇および、ズル休み無し、病欠不可、しかも無給の今の仕事を続けさせてもらうしかなさそうです。

そこそこがんばります。

投稿者 kove : 04:41 PM | コメ(0) | a・雑記

June 21, 2007

「フリーダム・ライターズ」

本日、ワタクシ、クセ毛を矯正しに行った床屋で読んだ女性ファッソン誌で、
FreedomWriters03.jpg←こんな写真を発見。(ほぼ、こんな大きさ。)
むお!
帰宅後、鏡でクセ毛矯正作業の出来栄えを確認するのも忘れ、この写真を捜索。
FreedomWriters00.jpg
アメちゃんでは、今年の初めにとっくに公開済みですが、ジャパンでは、7月21日公開の、
「フリーダム・ライターズ」(←ジャパンオヒサル)だそうで。
原作は、コチラ→038549422XThe Freedom Writers Diary: How a Teacher and 150 Teens Used Writing to Change Themselves and the World Around Them
副題が長げぇよ。
お話は、
ロサンゼルス郊外、ロングビーチにあるウィルソン高校は、暴力とクスリがはびこり、人種間のいさかいが絶えず、生徒達は夢を見ることさえ忘れていた。そこに来た新任教師のエリンは、生徒達に、“書く事”によって、夢や生きる希望を与えようとする・・・
みたいな。
新任教師を演じるのは、この原作に感銘を受け、初プロデューサーとしてもこの映画に参加した、ヒラリー・スワンク
つか、そんな事はどうでも良くて。
重要なのは、この部分(ポスター画像一部拡大)なのよっ!
あれ?わかんない?
んじゃ、FreedomWriters.jpgこれならどうよ。
チッ。拡大?拡大して欲しいの?
しゃーねーなぁ。

FreedomWriters02.jpg ほれ!
にゃーーーっ
すでに、ワタクシ的“うっす準レギュラー”の、Hunterくんじゃないのよぉ~ん

しっかし、ちょっと腹立つのは、アメちゃんのオヒサルの、Cast欄には、Hunterくんの名前がきっちり載ってるのに、ジャパンのオヒサルでは、Hunterくん、削られてるのよっ!
ふんがー。

↑トレーラーでは、Hunterくん、ちょろっとしか出てこないから、どの程度ご出演なのかわからないけど、おばちゃん、7月21日に、Hunterくんに会いに行くわっ

ふんがーー


投稿者 kove : 10:27 PM | コメ(0) | c・覚え書き

June 15, 2007

「Rocket Science」

RocketScience.jpgちょっと前ですけど、今年のサンダンス映画祭で、長編映画初監督作のJeffrey Blitz監督が、ドラマ部門監督賞もらったらしい、
「Rocket Science」(オヒサル)
お話は、
“『どもり』がひどく、ずっといじめられっこだった、15歳の高校生Halは、ディベートチームに入ることをきっかけに、人生に目覚めていく・・・のか?”
みたいな。
あ、あれ?
なんとなく、↑このあらすじだと、まんまコレなような気もするが。
いやいや、あえて、コレに注目した理由は、
↑このポスタの一部を拡大してみるとわかるよ。
拡大。

あれ?わかんねぇ?
んじゃ、ほれ!
RocketScience03.jpg ばーん。
主人公Hal役の、Reece Thompsonくん(現在18歳。)
そう!



16歳の頃に拾って、その後、4400にご出演時にも美しい姿をご披露してくれた、
カナダ産の美形少年。
この「Rocket Science」からのスチル画像でも、
←クリックで、美しさ満開サービス。
←へんな横わけヘアーでも、クリックで美しさ満開サービス。

 
ああ、もう、このへなちょこっぷりに、おばちゃん燃えるわぁー
んもう、ぼーぼー、燃えちゃって、おばちゃん、髪の毛チリっチリよ、まったくもぉー
つか、ちゅ、ちゅ、ちゅーしちょるーっっ
美しい少年が、女子とちゅーなんかしちゃ、ダメダメよーっ

色んな事、コレぽいと踏んで、ウエルコメアリでしょう。
間違いないでしょう。

・・・そうでしょう?

アメちゃんでは、8月公開予定。

投稿者 kove : 01:26 PM | コメ(0) | c・覚え書き

June 10, 2007

無駄は好きだが、冒険はできない部。

こんにちは。元気ですよ。
元気な最近のワタクシ、読むものが無くて、満腹ちゃんが図書館で借りてきた、4063527026←コレのシリーズを、すでに5~6冊読んじゃって、人生にまったく必要のない無駄な知識ばかりが増えています。

人間って、知らなかったことを知ったとき、本気で、無意識に、“へぇ~~”って言っちゃうんですよ。
知ってた?

あ、今、“へぇ~~”って言ったしょ。

さて、そんな、ある意味、純真無垢なワタクシ、
 眼鏡買いました。
全く無駄なサービスとして、クリックするとちょっとデカくなります。

上が新しいヤツ。
下は、8年前に買ったヤツ。
実際、並べてみると、すごく似てます。
大きさも、↑画像だと、新しい方がちょっと小さめに見えますが、それは目の錯覚。
幅は、全く同じです。
ほら、こんなに双子。
いやしかし、古い方は、8年間コレ1本を使い続けたので、表面のツヤ的なものが全くなくなって、元からマット仕上げみたくなっちゃってますが。

満腹ちゃん曰く、新しい眼鏡は、もっと、ドランクドラゴンに似てるらしいです。

違うのに。

ワタシの眼鏡装着顔が一番そっくりなのは、死んだじいちゃんなのに。

投稿者 kove : 11:11 PM | コメ(0) | a・雑記

June 05, 2007

恋愛睡眠のすすめ/La Science des rêves

ScienceofSleep.jpg
「恋愛睡眠のすすめ」を観て来ました。

ガエル・ガルガル・ベンガルくんを、今現在の、一番可愛い姿で見られます。
ガエル・ガルガル・ベルディ川崎くんは、やはり間違いなく5頭身です。
ガエル・ガルガル・ベルマーレ平塚くんの顔面は、シャルロット(ゲンズブール)嬢の顔面の、2.3倍くらいあります。
ガエル・ガルガル・ベガルタ仙台くんは、フル・エクスポージャー。
ガエル・ガルガル・ベンジャミン伊東くんは、3~4回フル・エクスポージャー。
ガエル・ガルガル・ベンベンくんの役の、子供時分を演ってた子が誰だか教えて欲しい。
ガエル・ガルガル・ベンアフレックくんの後ろで踊ってた男子も、誰だか教えて欲しい。



柿の種チョコ。
甘いモンで包んであるけど、噛むと、中は、かなりしょっぱ辛い。
ワタシが観た、Michel Gondry監督作品と比べると、登場人物やセット等の見た目に、甘み多目。

ガエル・ガルガル・ベイウォッチくんが演じる主人公ステファンを愛せるか愛せないかが、コレを好きかそうじゃないかの分かれ目なんじゃないかと思ったりなんだりして。

ワタシは正直なところ、ステファンの同僚スケベじじぃ、ギィの方が愛せるかも。
演ってたのが、Alain Chabatってのも、いいね。

あ、あと、“シャルロット(ゲンズブール)嬢の眼鏡装着顔が、この人に似てる”っていう噂は、多分、眉毛と鼻と眼鏡の関係(バランス)にあるんじゃないだろうか。
どうだろうか。

6月5日シネマ11にて。

投稿者 kove : 06:56 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

June 02, 2007

4400 Season 4

ジャパンでは、現在、カイルが出てこない第3ガックリシーズンを、放送中の、「4400 未知からの生還者」ですが、本国アメちゃんでは、今月から、いよいよ待望の、第4シーズンを放送開始しますよ!

4400TomKyle.jpg ←カイルと父ちゃん。

・・・カイルだよね!?
・・・ディランじゃないよね??

まさか、“カイルって誰よ!?”なんて言う、おバカちゃんは、居ないと思うけど、一応、カイルに関しては、コチラとか、コチラ参照の事。

と、とりあえず、第4シーズンでは、カイル、大活躍の予感なので、いつか、観られる事を夢見つつ、カイルが出てこない第3ガックリシーズンを、流し見しながら、正座で待つわ!

←動く新しいカイル。 むはー

投稿者 kove : 03:34 PM | コメ(0) | c・覚え書き