« November 2005 | メイン | January 2006 »

December 31, 2005

北の国から2005・〆。

いやー、暮れちゃいますね~
皆様、どんな大晦日をお過ごしですか?
そば、食べましたか?
紅白見てますか?

そんなワタクシ、軽くボロボロです。
あ、ちょうど今、“一生、床拭きとかそういう事はしない”と、心に誓ったところです。
家族の者どもが風呂(モチロン洗ったのはワタクシ。)に入った隙を突いて書きなぐってます。

さて、書きなぐりだしたものの、どんな風に〆ればいいのか皆目見当もつきません。

色々考え出すと、ワタクシにとって、本年は、素敵な出会いや楽しい出来事が盛りだくさんな一年でした。
辛かった出来事は、封印封印。
でも、そんな事を書き出すとマジできりがないので、だいーぶ前から書きかけだった、「今年の映画総括」用のリストから、以下、コピペでお送りしようと思います。



「今年スクリーンで見た映画」

・オペラ座の怪人
・きみに読む物語
・アレキサンダー
・セルラー
・マシニスト
・サイド・ウェイ
・ロング・エンゲージメント
・コーラス
・ブレイド3
・レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
・コンスタンティン
・プライド 栄光への絆
・ライフ・アクアティック
・キングダム・オブ・ヘブンバタフライ・エフェクト
・宇宙戦争
・バットマン・ビギンズ
・スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐
・チーム★アメリカ ワールドポリス
・アイランド
・ダンシング・ハバナ
・マダガスカル
・ハッカビーズ
・奥さまは魔女
・チャーリーとチョコレート工場
・ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」
・ターネーション
・ルパン
・ドア・イン・ザ・フロア
・旅するジーンズと16歳の夏
・バス男
・ブラザーズ・グリム
・フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い
・エリザベスタウン
・ミリオンズ
・キング・コング
・青い棘

以上36本。
意外と少なかった感じ。
後半、行動力激落ちな感じ。

では、36本中、正直無理していかなくても良かった5本

・キングダム・オブ・ヘブン
・奥さまは魔女
・チャーリーとチョコレート工場
・ルパン
・キング・コング

そして、その5本中、“つーか、金返せ”な1本

・ルパン

とか、またトンデモ無い事言ってるうちに、家族の者が風呂(モチロン、ワタクシが洗った。)から上がってまいりました。
TVでは、モームスの皆さんが歌ってます。

では、次に、36本中、見といて良かった~な31本

・オペラ座の怪人
・きみに読む物語
・アレキサンダー
・セルラー
・マシニスト
・サイド・ウェイ
・ロング・エンゲージメント
・コーラス
・ブレイド3
・レモニー・スニk・・・って言うか、見なくても良かった5本以外全部だから。
見なくても良かった5本以外全部良かったから。
見なくても良かった5本以外全部すごく良かったから。

でも、そんな良かった中の今年の第1位は、

「ヘイデン・クリステンセンの、告知は優しく」

どんなに考えても、どうしても、どうしょうもなく、コレ以外考えられませんでした。

さて、そろそろ風呂(当然ワタクシが洗った。)に入って、キレイな身体で、紅白のウエンツ君チーム見なくっちゃ。

では、本年はたくさんたくさんありがとうございました。
皆様、良いお年を。
来年もどうぞよろしく☆

投稿者 kove : 07:39 PM | コメ(0) | a・雑記

December 26, 2005

熊猫の手でも借りた方がいいのかどうか。

いや~~、すっかりクリスマスも終わりましたね。
みなさんのロマンティック☆ナイトは、どんなだったかな?
あ、全然気にして無いから、ロマンティック☆報告メールとか送りつけてこないように。

ばりばりクリスマス仕様だった、↑バナーを、どうしようかと思ってたところ、素敵女性のAkikoさんちで、素敵文字を教えていただき、早速、素敵バナーでも作ろうかと思ったんですけど、出来上がってみたら、もんのすごい見づらくなっちゃいました。
てへ☆

さて、そんなロマンティック☆とも、素敵とも、無縁の、奔走するサンタ状態だったワタクシ、すでに地獄の冬休み用のエネルギーを使い果たしてしまったような気がします。
本日は本日で、やっと年賀状の印刷の注文を出してきたりして。
写真屋さんのお姉さんに、
お受けできますけど、仕上がりのほうは、ギリギリ年内間に合うかどうか・・・
って、言われちゃいました。
てへ☆

ああ、やらなくてはならないことが山ほど残ってる・・・

そんなワタワタなワタクシの脳内に、浮かんでは消え、消えては浮かぶウルサイ奴。
熊猫村さん。(クリックで、デカ。)

絶対、あんたには手伝って欲しくないから。

もちろん、発想の源はコレ

全国5千万人の猫村さんファンの、“ごらぁ~~っ!”っていう声が聞こえます。
ごめんなさい。
ちなみに、ホンモノ。

こんなことやってる暇があるなら、寝たいんですよ、ホントは。

おやすみなさい。

投稿者 kove : 10:30 PM | コメ(0) | a・雑記

少年眼鏡。

meganebeaver.jpgビーバーちゃん♡ もっきゅ~

投稿者 kove : 10:29 PM | コメ(0) | i・ひとり眼鏡コミュニティ

December 22, 2005

セクスィ~☆エンジェル。

x304.jpgXのメンバーに色々と思ったりしてたら、
トレーラーで、巷で噂のセクスィー・天使が、
羽、広げてましたよ!

アップルさんちのビデオ。

←お楽しみは、取って置きたいタイプの方のために、とりあえず、セクスィー天使、こんな風にしてみましたが。


お楽しみは、全然待てないタイプの方は、↓ぼかし無しで、どうぞ。

x305.jpgでかっ

これ畳んでスーツか・・・

と、ワタクシは、妄想の羽を広げてみたり。

投稿者 kove : 08:32 PM | コメ(0) | e・ほおぶくろ

December 20, 2005

青い棘/Was nützt die Liebe in Gedanken

hans00.jpg
「美しさは、それだけで罪なもの。

映像美とロマンチシズムに満ちた

美少年の愛のデカダンスは、

まさに美の極致である。」
by華道家・假屋崎省吾
(↑クリックで、デカ・・・)
假屋崎先生、お友達になりませんか?
まずは、メル友から。
嘘。(嘘か!>自分。)

と言ったわけで、ワタクシ、「人間は2種類に分けられる。愛されるものと愛するもの・・・」を、鑑賞して参りました。

↓バリバリネタバレバーレですので、要注意です。



假屋崎先生のこの映画に対するコメントに全面降伏したワタクシですが、“美少年の愛のデカダンス”という部分の、美少年という表現にはちょっと・・・。
ま、“少年のピークは11歳説”を唱えるワタクシの言う事なので。

物語上、↑うえに映った男子二人は、19歳と言う設定です。
この映画の元になった、1920年代に実際にドイツで起こった、「シュテークリッツ校の悲劇」の当事者が、19歳だったので、当たり前っちゃ当たり前ですけど。

ちなみに、上画像、黒髪の方、パウルを演じたDaniel Brühlくんは、1978年生まれ。
黄色い髪の方、グンターを演じた、まぶたが芸術品の、August Diehlくんは、1976年生まれ。
そして、グンターとその妹ヒルデ、両方と関係を持つハンスを演じる、
Thure Lindhardtくん(←クリックで、デカ。左側。)に居たっては、1974年生まれ。
あ、ハンスの年齢は19歳じゃないのか?
ま、でも、同じくらいの年齢のはず。
でも、一番フレッシュに見えますよ。
フレッシュ?

なんにしても、全員が、撮影当時、すでに20代も半ば過ぎだったってことですよ。

でもね、ワタクシ、全然それにプンスカ来てるわけじゃありません。
むしろ、少年としての腐りかけ、大人になる為の繭状態とすれば、ものすごくハマってます。
金持ちと貧乏人、分別有りと無し的な、主人公二人に関してはモチロンですけど、フレッシュ・ハンスがまた、イイですよ。
いや、カワイイってことだけじゃなくて、なんていうか、主人公二人とは別物なんだよ的な匂いが、物凄く上手く出てるんですよ。
完璧じゃない、ちょっと卑しさみたいな物が漂う表情(顔立ち?)がね。

凡人スレスレなパウル、刹那MAXなグンターと共に、絶妙過ぎで、もう少しで嫌味になりそうなくらいです。


登場人物たちが過ごす、夏の別荘の中も外も、全てのシーンが唸る位美しくて、その中でもがいてる若者達が、これまた美しくて、公式サイトのトップに書かれた、
陶酔のロードショー
を見たとき、上手いこと言うわぁ~と、また唸りましたよ。

コレ、「グッバイ、レーニン!」の製作チームだそうで。
なるほろ~
味は違うけど、細部まで凝りに凝りまくったつか、こだわりにこだわりまくった、全部の場面が、まるで何か特殊な定規で測ったように美しい。

変わった形の星座占いマシーンが置かれてるのが、棚に収まりきらなくて無造作に床に詰まれた蔵書の上だったりとか。
登場人物の色、洋服とか髪とかまで、きっちり測られてるの。
特殊な定規で。

そう。
やっと、ココで、冒頭に書いた、“人間は2種類に分けられる。愛されるものと愛するもの・・・”という、ワタクシが、深い感銘を受けた台詞に結びつくわけですよ。

実際、このお話の中では、はっきりと、愛するものと、愛されるものが分けられてますが、ワタクシが感じたのは、そうじゃなくて、普通で居られるものと普通じゃいられないものでした。
製作者も、その辺、感覚は微妙に違うかもしれないけど、意識してるんじゃないかと思わされたのは、ある同時進行の二つのシーン。

ハンスを挟んで、ハンス、グンター、ヒルデの微妙な関係がはっきりする、湖のシーン。
この三人は、全員が黄色い髪に、全身白い衣装。
美しいです。
美しいけど、3人が3人とも普通では居られない人たち。

一方、パウルと、パウルに恋しているヒルデの友人のエリの、木の上のシーン。
この二人は、黒い髪に黒が入ってる衣装。
普通に居られる、というか、自分で目が覚ませる人。

とか言っても、ワタクシの激しい思い込みと勘違いなんだろうけど・・・

肝心の、“真の愛を失った時、愛する者を道連れに自ら命を絶つ。”とか、“真の幸せは一生に一度、後にはその瞬間を一生忘れられない厳しい罰が待っている
という部分なんですけど、ワタクシ正直申して、見終えたあとから未だ混乱中。
昨晩は、それについて考えて、夜も ぐっすり寝てしまいました 眠れませんでしたよ。

パウルとグンターが結んだ、この取り決めは、なんとなく理解できる。
理解と言っても、自分もそう思うってことじゃなくて、若い頃の“思い込み”とか、“自己陶酔”の産物として、そこまでイっちゃうってのもありかな、と。

そこは判るんだけど、じゃ、それを実行してしまった、グンターの“一生に一度の真の幸せ”は、どこだったんだろ・・・?って。

っていうか、実は、ワタクシ、“グンターが本当に愛していたのはパウルなんじゃないの?”っていうのを、いまだに捨て切れてないので、グンター君の“真の幸せ”を感じ取れなかっただけなのかな・・・なんて不安になったり。

う~~~
コレ、誰かと実際にしゃべりながら語りたいわー
ワタクシには、文章で説明できない部分が多すぎるもん。

どなたか鑑賞済みで、ワタクシんちまで語りに来てくれる人居ないだろか・・・

いねーよ。

投稿者 kove : 03:52 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

December 19, 2005

キング・コング/King Kong

gorilla.jpg

ワタクシ、師走の町へ、いそいそと、「デカいゴリラ」を観に行ってきました。
もちろん、ビリーきゅん ジェイミーくんに会いにね。

ワタクシ、デカいゴリラなんて、いや~ん。



そしたら、デカいゴリラなんかよりも、もっともっと怖い物が沢山出てきてね、もう、半泣き。
原住民さん、コワス!
虫、コワス!
ワンカ、コワス!
ワンカ、関係ないだろ。>自分。

元作は、子供の頃に、TVで見たような記憶があるんだけど、曖昧。
色んな場所で、色んなカタチで使われている(何かしらパロディ的なモノを含めて)のを見たのを、映画を観たと思い込んでいるのか。

でも、妙に細かい場面が頭をよぎるから、全部でないにしてもきっと元作の映画も目にはしてるんだろうね。
今度、見てみよう。

ってのも、今作。
どーも、いまいち乗り切れないし、納得行かない感。
キンコン(←絶対怒られる。ピーターに。ピーター・ジャクソンに。)と、パツキン女優の関係って、あんな感じ?
パツキン女優の薄幸さは、ちょっと辛かった島に行くまでの長~い説明で良く分かったけど、キンコンの事は正直どう思っていたのか。

自分、好かれちゃってるってのは、わかってるよね。
んで、キンコンの立場を可哀相だと、同情もしてるよね。
それだけなのかな。

エンパイアステートビルのてっぺんで、今にもチューしちゃうそうな、“コレはラブシーン?”的なあとに、キンコンが落っこちちゃって、ううう・・・って泣き崩れて。
でも、憧れてた作家さんが有り得ない登場の仕方で来てくれたら、きゃぴーん☆って。
その瞬間、島に居る時分、顔のデカい恐竜に追われて、キンコンが、自分の事を助けてくれようとしてるってのに気づいた時、恐竜に向かって、“ど~よ、食えるもんなら食ってみなさいよ~~ん”って、キンコンの下に隠れたシーンが、フラッシュバックしちゃったわよ。
女って、スゴイんだな。
落っこちてくキンコンが、そこで初めて本気で、心から不憫だったよ。

どこまでも純なヤツだったな、キンコン・・・。

っていうかねー、なんかさー、すんごいゴージャスな登場人物たちがねー、もったいね~って、
もちろん、主人公キンコンなのは重々承知だけどね、登場人物の皆様の思いが、なんかこう、わかりずれ~~って。

例えば、映画監督の映画を作る事に執着するあまりの狂気じみた行動もね、結局、見世物で稼ごうとするわ、終いにゃ、ラストのあの台詞。
こら~、それ、あんたのせいだから~~
(この辺、元作に忠実なのかしら?)
んで、その映画のクルーさん達も、特に、ハンクスさんちの息子さんの役なんか、さっぱりどうしたいのかわからんし。

ワタクシ的には、あの、恐竜ドドドーとか、虫わっさ~ってのとか短めにして、ビリーきゅんの船上ダンシングシーン キンコンとパツキン女優とか、その他人間同士の関係とかを、もちっと見せて欲しかったかもかも。

あ、そうそう、パツキン女優を演じた、ナオミ・ワッツ嬢の目は、キンコンの目と同じくらい、真ん丸だった。
いいなぁ、真ん丸の目。

投稿者 kove : 06:03 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

全然。

Drgreen.jpgnotgreen.JPG

似てないからーーーっ

緊急トラックバック(コメント欄参照。)

投稿者 kove : 06:01 PM | コメ(0) | h・子犬部

姐さん、子犬部入り?

姐さん・「おそろ。

紫犬きゅん・「姐タソ・・・orz

よんじろお・「紫犬きゅん、そないにおちこむなおー」

よんじゅん・「ん~~
(↑クリックで、でか。)

どうでもいいから、ワタスが、母チャチャイから、何年も前に誕生日プレゼントに貰った、
子犬とペアのラコステ社製白ポロシャツ
からどいてくれんか。



というわけで、ワタスは子犬とで、プリンセスは、チャチャイ様と、お揃い決定。
(掲示板参照。)

投稿者 kove : 05:06 PM | コメ(0) | k・村津よんじろお

December 18, 2005

子犬とか水膨れとか。

ん~ぴんく!
きゃぴーーん☆
(←クリックで、デカ。)
え?
今日は、「デカいゴリラ」を見に行ったはずなのに、なんで、
子犬ってか?
いいのいいの。
掲示板で、子犬部・主将kazuko様より教えていただいた、
“動く子犬”なのよ!(サンチュー☆kazuko主将)
え?
なんで、よりによってこんな表情なのかってか?
そりゃ、ワタスが“下唇噛み締め愛好会”所属だからよ。

ということで、今日は、生き地獄ブーツを履いて出かけて、行きの地下鉄駅に着く前から限界に達したままの脚で半日歩き回って、後半は半泣き。ご飯も食べずに帰ってきたのに、両足の小指に完全な水膨れが堂々完成。
もう寝ます。

各記事にコメントいただいてますが、お返事、しばし待たれい。

キャプチャ部さん活動してる暇あったら・・とかそういうのホントごめんね。

そんなワタス、今週は、地獄の冬休み前のラストスパート。

月曜日・「ザスーラ」
火曜日・「NOEL」
水曜日・「青い棘」
木曜日・ヨガ道場

自分予想で、2勝2敗か。

投稿者 kove : 10:34 PM | コメ(0) | h・子犬部

December 17, 2005

違法覚悟で。

明日は「デカいゴリラ」鑑賞予定だから早く寝なくちゃいかんし、“ジェフきゅん、とりあえず、何だかんだ言いながら銀メダルおめれとう”について、美人OLのお母様まで巻き込んでの、この二日間の事の顛末とか、色々あるんだけど、
もう、それすらも吹っ飛ぶくらいの衝撃を今さっき受けたので、なんとしてもコレは書いておこうと思ってんだけど、書いてる
今も、動揺が収まらないので、句点無しでこんなにダラダラ書きなぐっちゃってごめんね。

その衝撃ってのがさ、この前、訴訟沙汰寸前だった、残酷チャンネル世界一・FOXlife HDさんよ。

死にそうになって紹介してた、「アレステッド・ディベロップメント」とか、「ミス・マッチ」とか、「クィア・アイ」なんて、
実は、チョロイもん。
ワタスの生き地獄へのオーバーチュアーだったのよ・・・



まぁ、残酷チャンネル世界一・FOXlife HD残酷なオヒサルサイトを見てくれよ。
わかんない?
んじゃ、まず、コメディドラマのラインナップ

JohnnyLewis04.jpgコレで、コレの、Johnny Lewisくんが出てる、
「Quintuplets5つつ子はティーンエイジャー」なのよ!!
なんか、アチラでは途中でキャンセルになっちゃったとかなんとかだし、
すでにアチラの公式サイト(可愛かったのに・・・)も無くなっちゃってるけど。
でもね、“5つつ子はティーンエイジャー”なのよ!!
ああ、もう・・・

んで、さらに、ドラマ&映画のラインナップも見てくれよ・・・

ん"がごげごふっ
こん時“FOXジャパンさんよろしく!”とかってお願いしてた、
「ハウス」じゃん!
きゃ~Dr. Robert Chase~~
(←クリックで、でかサービス。)
ああ、んもう・・・

んで、その下の方に、なんと・・・

も"げがぶふっ
こんな昔に激しく希望してた、
「Lの世界」(「L Word」でいいじゃん・・・)だ!
ちなみに、Showtimeさんのサイトは、日本じゃ閲覧できないので、↑貼ったサイトは、ファンサイト。すげー。
←爽やカッチョイイ、ティム(クリックで、デカ。)好きの素敵kazuko様プリゼンツで、字幕無しで見せていただいたけど、やぱ、見たいーーっ

ああ、もう、コレ知ったときに上がりきった血圧が、今、下がりきっちゃって、低体温で死にそうだわもう・・・

なんかさ、こう、何かしらの録画代行サービスみたいな商売って無いのかしら?
それって、ダメなのかしら?
違法?

もう、お縄頂戴覚悟で、そういう商売希望。
だって、ウエルコメ希望して、せっかくウエルコメしてくれても、見られないんだったら、ウエルコメの意味無いんだものー

もきーーっ

投稿者 kove : 10:33 PM | コメ(0) | c・覚え書き

December 16, 2005

「HOOT」

hoot02.jpgコレの原作と同じ、YA(ヤングアダルト)文学館シリーズの、「HOOT」の、映画化の
「HOOT」
『ハリー・ポッター』のつぎはコレ! とアメリカでいま人気上昇中のYA小説。
のどかな町を舞台に、アナホリフクロウの巣をめぐって、少年たちと大人たちが
せめぎあうストーリー。
少年の目の澄みきった世界、そして冒険。笑いと興奮の連続。
そして読み終わったとき、なんだかハートがあたたかい……。

を描いてるそうで。(Amazonさん著者からの内容紹介より。)
ちなみに、(対象年齢:10~15歳)ですって。

ワタクシ、ばっちり範囲だわ。
(脳みそ的にな。)

で、注目の、澄み切った瞳の少年達オヒサルサイトの表紙に居る3人のうちの二人)に注目ですよ。

hoot01.jpg

←主人公・Royは、バタフライ・エフェクトで、アシュタンの小っさい頃をやってた、(コレの下のほうのコね。)Logan Lermanくん

目力ありそう。
しかし、前髪は、これで正解なのかい?

CodyLinley02.jpg
んで、もう一人、Mulletを演る、Cody Linleyくん
コレに出てたらしいんだけど。
←こん中に居るのかな?(クリックで、デカ。)
居ないよね。


お話的には、「旅するジーンズ」よりも、年齢低めなので、どうかな・・と思いながらも、おばちゃん、やはり熱烈ウエルコメ希望。

投稿者 kove : 04:12 PM | コメ(0) | c・覚え書き

Xのメンバーに思う。

x301.jpg

コレのプリティ助手くんのお兄ちゃんが仲間入りしたと言う噂に、ビビーンなワタクシ。
いや、YOSHIKIとか、TOSHIとかのじゃなくて。
こっちのXの仲間ね。
いや、メンバーなのかどうなのかも良く分かりませんけど。
そしたら、コレで、軽くおばちゃんを涙させた、Ben Fosterくんが、天使だっていうじゃねーのよ!


天使よ!エンジェルよ!!

x302.jpgいや、たしかに。ごもっとも。羽生えt・・・見えてるし。

x303.jpgついでに、ジョージ・マイケル サイクロプスさん。

でね、
x30.jpg


問題は、
←コレよ。
ちなみに、この頃と比べると、エライ可憐になってない?
髪短くなってんのに、可憐さアップ(当社比)って、どゆこと!?

おばちゃん、エンジェルよりも、俄然、可憐な火男に注目だわ。
むきーな勢いで。

その他、主要キャスト様たちも、コチラに、デッカイのあり。

投稿者 kove : 04:07 PM | コメ(0) | e・ほおぶくろ

December 14, 2005

とりあえず、Earl☆万歳。

MyNameIsEarl01.jpg
第63回・金の球賞に、「My Name is Earl」が、
“BEST TELEVISION SERIES - MUSICAL OR COMEDY”と、
“BEST PERFORMANCE BY AN ACTOR IN A TELEVISION SERIES - MUSICAL OR COMEDY”で、
ダブルでノミネートよ!!
コチラに、ノミネート一覧あり。
わーいわーい!
他のドラマ部門も映画部門も、興味津々のノミネートだけど、この際、ほっぽらかしの方向で。

このドラマ、「My Name is Earl」は、アチラ在住の某・人気サイトマスター様情報によると、
フレンズ終了で低視聴率にあえぐNBCさんを救った”とも言われるほど人気のコメディだそうで。
そりゃ、そうよ、ハリウッド一クールなスター・ジェイソン・リー主演ですもの!
えっへん。(お前が威張ってどうする。>自分。)

実際、何話か見せていただきましたけど、英語検定4級とかも受けたこと無いワタクシでも、すんげー面白いですよ!
設定もユニークだし、登場人物も全員最高。
しかも、ゲストも微妙にゴージャスときたもんだ。

日本にウエルコメは、正直難しい感じもするけど、そこをなんとしても、ウエルコメの方向でお願いしますよ!各社様。

金なら出すっ
大嘘。

視聴料なら払うっ(それ、当たり前だから。>自分。)

とにかく、授賞式にはジェイソン登場ってことで、やたーーっ
ふふふ~ん、ラララ~ン♪

投稿者 kove : 10:54 AM | コメ(0) | c・覚え書き

December 13, 2005

猿のコだ!

万歳ウエルコメでお馴染み、WOWOWさんで先週第一シーズンが終了した、「コールド・ケース」

前にもカワイイかも?な、僕ちゃんを拾ってましたが、先週放送分にも気になる僕ちゃんが、登場してましたよ。
coldcase01.jpg
お父さんに、虐げられまくり人生の可哀相な少年役、
Luke Eberlくんだそうで。
めちゃめちゃ細くて小ちゃくて、ものすごい微妙なんだけど、最後の方、お父さんの凶行を止められなくて、泣いてたのよ!
それで、おばちゃん思わず、血迷い部さん発動。
あ、泣いてるところをキャプチャすれば良かったのか。
失敗。

で、このコ、ん~、どっかで見たことあるんだがなぁ・・・
と思ったら、
あら、

LukeEberl.jpg猿のは臭せぇ 猿の惑星に住んでたコじゃない!

っていうか、公式サイトが、いまだにあるってトコに、軽く驚くじゃない!
ま、それはいいんだけど。
っていうか、それ以上の広がりは、まったくもって無いんだけど。

や、キャプチャ部さん発動しちゃったからさ。


以上。

投稿者 kove : 12:26 AM | コメ(0) | b・拾い喰い

December 12, 2005

ウエルコメ☆第二シーズン。

meganebu08.jpgウエルコメ☆第二シーズン!
下のほうに、小っさく、
“最新第2シリーズ 2006年放送決定!”
って!!

子犬部の皆さんっ!
多分、おそらく、来年の今頃にはコレで、コレが、拝めますよ!
今晩は、夜通し正座で祝杯です。
一年後のために・・・
あがが。



ココに、子犬出演エピの予告ビデオ発見!

きゃ~~~
子犬ってば、なんか、やってるーーっ

オマケ的にアップ。

オマケ的に若い時分。


投稿者 kove : 11:16 PM | コメ(0) | h・子犬部

December 11, 2005

こにちは、こぶです。

こにちは、こぶです。
今更ながらの、about meのコーナーだよ。
すごい長いから、暇な時に読んだ方がいいよ。
kove00.jpg
名前は、こぶ

由来は、めんどくさいので、気なったらメール下さい。
itete55jpアットコyahoo.co.jp
(↑もちろん、アットコは、小っさいアットマークに変えないと届きません。)

忙しい会社員の、チャチャイ様(日本人)と、
人間で言ったら、小学2年生くらいのせわしない小動物(a.k,a,娘)と共に、
恋の街・札幌に暮らしています。

何でか知らないうちに、映画が好きになってました。
映画は、最高の娯楽ですね。

んで、これまた何でか知らないうちに、“美男子好き”になってて、どういうわけか自然と“少年好き”という誤解も生まれていました。
嘘です。
誤解なんかじゃありませんでした。

キレイな少年(西洋人限定)が、大好きださ。

そういうことなので、っていうかなんていうか、TVはほとんど見ません。
海外ドラマと、WOWOWさんの映画くらい。
サイト巡りも、お友達サイト以外だと、一方的にファンのサイト様を、ほんの何軒かと、調べモノくらいしかしません。
なので、世間の流行りモノとかに、ものすごっつー疎いです。
ジャニーズは、V6までです。

最近、色々な部活動や、部活認定されにくい、愛好会の活動が、自己ブーム。

代表的なのは、余計なお世話部とか
最近気に入ってるのは、上目遣い愛好会下唇噛み締め愛好会
あと、はずせないのは、薄身体愛好会

そんな、30代も半ば過ぎの人が書いてる、「うっす、こぶっす。」
始ったのは、2001年8月13日 (月)。
思えば遠くへ来たもんだですよ、まったくもう。

ずっと、ホームページ・ビルダーさんのお世話になっていましたが、情熱が薄れたのを良いきっかけに、
2004年7月より、Movable Typeさんのお世話になる事になりました。

ブログのカタチにしてますけど、トラック・バックとかそういうの良く分からんので、やめました。
知らない人のサイトには、ほとんどコメントするようなこともありません。
なので、お友達が全然増えません。

激しい思い込みと共に、物凄い狭い範囲に向けて発信しています。
たまに、思い浮かんだ一人に向けてたりするので、多くの方には、なにがなんだかさっぱり??なことも多いです。
読者突き放し型サイトを自負しています。
自負してどうするよ。>自分。

ブログのカテゴリーについては、以下を参考にしていただけると、ちょっと判りやすいかもしれません。

雑記
 日々の思いつき、個人的な報告、日記的なことを、だらだらと。

拾い喰い
 見た映画やドラマで、気になった男子や事柄を、検索のたびで拾い喰いしてます。

覚え書き
 よその国で公開予定の気になる映画やドラマ、日本とか札幌とかに、ウエルコメ予定の映画やビデオについて、
覚えておくために書いてます。

ほおぶくろ
 主に、拾い喰いの旅で、拾ったものの、こりゃ喰えんってのを、とりあえず置いてみます。

血迷い部
 正確には、血迷いキャプチャ部さん
 録画した物から、どうしても残して置きたい、手元に置いていつでも眺めたいと言う衝動を押さえきれない時に、発動します。

ひとり眼鏡コミュニティ
 某・ソーシャルネットワーク内にある、「メガネ男子愛好会」に、もの申す!(大嘘。)
 汚い者が使用してる眼鏡は、ただのメガネ。
 美しい者が使用してこその、眼鏡装着の美を追求するべく、一人で立ち上がりました。
 すぐ、しゃがんだけど。

村津よんじろお
 新潮社出身の、よんじろお(パンダ)と、京都出身の、村津花子さん(人間)の出会いから始まりました。
 その後、kuro家出身の、よんじゅん(パンダ)がレギュラー入り。
 紫犬くん(柴犬ではない)も仲間入り、したようなしないような。 

思い切ってやってみる部
 ワタシが、色んな事にチャレンジしてみるコーナー。
 コーナーて。

映画メモ部まであと一歩
 「映画メモ部」がめんどくさくなった頃から、自然発生的に出来た、映画鑑賞メモ。
 メモって言うか、なぐり書き。

リンク
 お世話になっている、お友達様のリンクです。

ふ~。
軽く書くつもりが、えらい長くなってしまいました。
最後まで読んでくれてありがとう。
それじゃ、これからも、どぞよろしく☆。

投稿者 kove : 06:04 PM | コメ(0) | o・ワタクシ

December 09, 2005

むーんって。

「うっす。」で、「Superman Returns」を取り上げるのは、コレで一体何回目なのか・・・

コレで、コレで、コレだもの。
もう、思い切って、“スパマン・カテゴリー”を作ろうかと思ったり。
嘘。
そんなこたぁ、1コも思ってないけど。
でもね、←この画像を見て、ちょっと、うはーってなったのはホント。
(←クリックで、デカ。)
左端が、コレで、うっかり“思い入れある10本”に入れてしまった、「デトロイト・ロック・シティ 」の、コイツだ!とか、真ん中が、
ぽっちゃり部期待の新星の、コイツだ!とか、スパマン(クラーク・ケント時)が、「眼鏡部」だとか、そんなんじゃないの。

←スパマン(クラーク・ケント時)を、よ~く見てみて。

ほら!
ほらほら!



Superman10.jpgむ~~んって!!

アゴ、む~~んって!!

yon_muun.jpgおんなじ!!

・・・気のせい?


皆様の身近で見かけた、“む~ん”画像大募集!

とか。


・・・ダメ?

投稿者 kove : 03:21 PM | コメ(0) | e・ほおぶくろ

勝手にドキドキ。

本日、チャチャイ家、ボーナス支給日でございます。
午前中、何も用事が無かったので、フラリと出掛けてみようかな・・・という恐ろしい考えを捨て、
家に居たワタクシ。
エライ、ワタクシ。

そんなワタクシ、
一千億円損失。
の、ニュース見て、ちょっとドキドキしてたりします。

これって、誰かの単純な入力ミスとかなのかな?
うわーー、もう、その人、ドキドキだよねーーっ
とか、想像して勝手にドキドキしてますワタクシ。

ところで、一千億円って、いくら?

やってることは全然違うけど、コレとか、コレとかの主人公の、恐ろしい行く末を思い出し、また、勝手にドキドキしたりして。

んで、一千億円って、どれくらい?


・・・・子犬とか買える?

投稿者 kove : 02:28 PM | コメ(0) | a・雑記

December 08, 2005

バリバーリから、のびのーび。

本日ワタクシ、初のひとりで素人ヨガ道場でした。

だって、二日酔いの美人OLが、家を出るぎりぎりの時間にメールで、

ヨガ休む。

って。

意外と、内弁慶で人見知りなワタクシ、もーー、あたしも休むーーっと思ったのですが、先週くらいから、
素人ヨガ道場に行くと、激しい疲労感の後に、背筋が伸びる快感が待っているということを知ってしまったので、
なんとか頑張って、一人で道場に。

もう、ドキドキです。
着くまでの車中、ペアでするストレッチの時間を、うつむいて小さくなってやり過ごすイメトレまで完璧です。

でも、意外と始まってしまうと、あっという間の出来事。
不安だったペアのストレッチ時も、近くに居たセクスィーな人妻風女性に優しく誘っていただき、事なきを得ました。
人妻風の女性の腕は、ワタクシのいつもの相手の2分の1くらいの細さでした。
そして、軽かった・・・あ。

ここんとこ、根を詰めてた“ジェイソン祭り”のおかげでバリバーリだった背中も、かなりいい感じに伸び伸ーびです。

この分で行くと、例のポーズも、近そうです。

顔はだいぶ近づいてます。

顔近づいちゃダメだろ。

投稿者 kove : 10:52 PM | コメ(0) | a・雑記

December 06, 2005

ミリオンズ/millions

Millions03.jpgもきゅ死必至。

本日ワタクシ、「兄弟それぞれ、どっちもイケますよ。」を、鑑賞してまいりました。

あうーあうーあうーーあううーー

ワタクシ、幸せです。
幸せのあまり、あうあうが止まりません。



ポスター画では、邪悪な笑み満開だった、弟・Damianくんが、もうね、本編では、“天使?天使なの!?”と、
肩掴んで、ガクガク振り回したくなるほど、どこまでもどこまでも無垢なお子様で、おばちゃん気が変になりそうなくらい大好きです。

だってさ、←こんなん(クリックでデカ。)が、動くのよ、始めっから終わりまで、98分間、動きまくってんのよ。(当たり前。)
しかも、カワユイ声で、しゃべりながら動くのよーっ(だから、当たり前だっての。)
天国や神様を100%信じてる聖人マニアなんだけど、そこがまた、神様も仏様も全然身近に感じない、日本生まれの汚れきったおばちゃんの心を、ブルンブルン揺さぶってくれちゃうワケよーーっ

クレ!
おばちゃんに、コレ、クレ!!

んで、お兄ちゃんのAnthonyくん(←クリックでか)は、弟くんとは逆に、お母さんの死もすでに乗り越えるように見えて、しっかりしてて、っていうか、軽くちゃっかりさん。
経済にも妙に詳しくて、生意気なところが、これまたカワイイのよ。
“他のやつには内緒だぞ!”って、友達にお金を見せるシーンで、弟に目配せした後のウィンクには、おばちゃんクラクーラだわよ、まったくもう。
しっかし、誰かに似てる気がすんだよなぁ・・・誰だろう?
コイツの、子供の頃かしら・・・
違うなぁ・・・
でも、絶対カッチョ良くなるに、間違いないわ。

こんな二人が、いきなり空から降ってきた大金を巡って・・・と、思ってるうちに、実は大金に振り回されちゃってんの。
空から降ってきた大金が、実はすんごい犯罪がらみの、危ないお金だったから、その辺、サスペンスもあったり・・・
無かったり。

いや、サスペンス有りなんだけどね。
その辺は、ちょっとモタつき感。
でも、子供目線のファンタジーだもの。
何も、そこだけに、リアルは求めません。

風景も、音楽も、そして、少年も。
ワタクシ的に、大いに楽しめた、素晴らしい映画でした。

投稿者 kove : 01:18 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

December 05, 2005

貧弱な鹿・続報。

先日、“ロッキーの息子”紹介したところ、実際にロッキーの息子やってる画像、出てきましたよ。

rocky6.jpg
←コレだろう。
多分。
コチラに、ちゃんとしたデカ画像あり。
キャプションには、1コも“ロッキーと息子”とか書いてないんですけど、コレだよね?
なんだか、さらに貧弱感増量してるような気が・・・

・・・・。
一応、紹介しちゃった手前、コレもエントリしましたけど、正直、これ以上特にコメントのしようも無いと言った所でしょうか。

投稿者 kove : 11:04 PM | コメ(0) | e・ほおぶくろ

December 03, 2005

バルボア家の息子。

rocky5.jpg“59歳で、カムバックてっ!”
というニュースで、びっくらこいたワタクシ、実はロッキーを劇場にて
鑑賞経験あり。
確か、あれは「ロッキー
あ、普通?
普通、みんな劇場で鑑賞するの?
大学時代に、友人(♀)と行ったのですが、正直、
なんで、ロッキーやねん”気分。

でもね、鑑賞後、興奮し過ぎて、帰り道、友人とシャドー(ボクシング)かましたりなんかして。
途中、エキサイトし過ぎて、財布落としたりなんかして。
↑そんな思い出深い「ロッキー2」画像貼ったりなんかして。

ま、ワタクシの思い出は、置いといて。

59歳のロッキーですよ。



「Rocky Balboa」(←IMDbさん)
なんで、59歳のロッキーを、「うっす。」で取り上げるかってーと、
RockysSon.jpgRocky Balboa's Sonなわけですよ!

Milo Ventimigliaくんだそうで。
←コレは、なんとなく、貧相な鹿って感じですが。
「シーズ・オール・ザット」に出てたらしいけど。
全く覚えてない・・。

とか、フィルモグラフィー眺めてたら、なぬ!?
「Rambo IV」
まじでーっ
すみません、ワタクシ、ランボーさん一個も見たこと無いので、“まじでー?”とか言っちゃいかんですね。

でも、ランボー4にも、“Rocky Balboa Jr.”で、クレジットされてるんですけど、一体、コレはどういうことなんでしょかね?
なにかしら、コメディ的なもんで、“ロッキーの息子が、ランボーさんに助けられて、ロッキーさんがお礼に来て、生き別れた兄弟関係発覚!”みたいな?
だったら、見るーっ
ランボー4見るーーっ



で、ぜんっぜん関係ないんですけど、Miloくんの貧相な鹿みたいなのじゃない画像を探してたら、なんかちょっとたまらん感じの見つけちゃったので、貼っておこう。
超・個人的な趣味で。
←クリックで、でかサービス。

隣は、コレの、Jared Padaleckiくんですな。
彼、軽くぽっちゃり部だと思ってたんだけど・・・
そのY字部は、何かしらの技術の賜物?
職人技?

投稿者 kove : 12:20 AM | コメ(0) | e・ほおぶくろ

December 01, 2005

んなことぁ、やってられっかぁー

本日、素人ヨガ道場の日です。

1時間半みっちり、過酷なヨガ修行のラストは、いつも“くつろぎのポーズ”(ただ、ダラーっと、仰向けで寝そべる。)
で、〆なのですが、本日のくつろぎのポーズ時、先生(軽くおばあちゃん。)が、おっしゃいました。

「床に沈んでいくようなイメージで~」

ワタクシ、くつろぎに身を任せつつ、“床に沈む”をイメージしてみました。

そしたらですね、やりましたワタクシ。
見事に、沈んで行きましたよ、床に。
しゅるるる~っと。

ワタクシ、まだまだポーズも満足にとれないうちに、瞑想だけは、見事に会得してしまったようです。

やはり、普段よりの妄想の鍛錬の賜物でしょうか。

っていうか、多分、疲労感から、軽く寝に入ってただけのような気もしますけど。
レム睡眠?

さて、そんなおねむなワタクシ、明日は、同居中の小学2年生くらいの小動物(a.k.a娘)の学校で、
豆腐作りのお手伝いです。
豆腐て・・・。

石鹸も作ったこと無いようなワタクシが、何故に豆腐なんて作らねばならんのでしょう?
ムカつきます。
サボっちゃおっかな。

しかし、本日帰宅した、同居中の小学2年生くらいの小動物(a.k.a娘)が、開口一番、
“おかあちゃん、明日、絶対来てね!!”

ドキ。
読まれているのか・・・

“もしかしたら、お手伝い、おかあちゃん一人かもしれないんだからーー”

コロス。

豆腐&来ねぇ母親どもペア、即コロス。

投稿者 kove : 11:06 PM | コメ(0) | a・雑記

WOWOW兄さん。

mraz_wowow.jpgばんさーい!
激しく悔しかったこのライブを、WOWOWさんが、
放送してくれるんですって!!

ありがとう、ありがとう、ああ、ありがとうったら、ありがとう。
WOWOWサイコーーっ

嬉しさのあまり、
←画像パクっちゃいました☆

12月20日・深夜0:00~
当日は、全員正座でよろしく。

何を?

投稿者 kove : 10:09 PM | コメ(0) | c・覚え書き