« July 2005 | メイン | September 2005 »

August 29, 2005

初体験。

本日ワタクシ、初体験でございます。

経産婦のくせに、何が初体験だよってか。
はいはいはい。

本日、トイレ掃除してました、ワタクシ。
いつものように、コレを、床から壁から便器から大量に、どばばーっとかけて、トレペで拭き拭き。

もちろん、トレペも大量に使います。
ぽいっぽいっっと、大量のトレペを便器に放り込みます。

そしたらね・・そしたらねっ
(すでに、展開バレバレだが。)



詰まったよ・・・トイレが。

こんなの初めてだよ。

寸での所で、水は溢れなかったんだけど、もう、ギリだよ。

頭の中にはすでに、金メダリストがニッコリ微笑んで、

♪水道トラブル5000えん~トイレが詰まった8000え~ん♪

って歌ってるし。


・・・・・8000円!?

マジでか、それ、マジでかっ!!

あああ。


ピコ~ン☆

そうだよ、ワザワザ金メダリストに来てもらわなくとも、自分で、benjyo.jpgすればいいんだっ☆

で、速攻で100円ショップに走り、購入。

速攻で、シュコーシュコーってしたら、じゅぼぼぼぼーって、完了。

くれ、誰か俺に8000円くれ!

多分誰もワタクシに8000円くれないので、8000円分、何か楽しいことをしたいと思っております。

映画観に行っちゃおうかなぁ~~

何見よっかなぁ~~

と思ったら、がっくす来てたコレ
ばんざ~~い!

神様っているんだなぁ~

投稿者 kove : 06:54 PM | コメ(0) | a・雑記

フィッシャー家の次男。

めっさ期待でウエルコメ「シックス・フィート・アンダー」、絶賛放送中なんですが、コレ、おもしろいよねー

ストーリーも始めのシーズンだから勢いあるし、葬儀屋一家ほか、登場人物のキャラも大好きよ。

そんな中、ワタクシの、やおい魂を、捕らえて離さない、フィッシャー家の次男、デヴィッド・フィッシャー
毎週毎週、この次男の行動から目が離せませんよ。

先週8月26日放送分では、普段は、ゲイであることを隠し、きちっとスーツを着て冷静ぶってる次男が、
クスリでハイになって踊りまくってる姿に、腹筋千切れるかと思いました。

その後、彼氏(ダンサー)から預かったクスリを失くしちゃって、妹相手に血迷っちゃって、オネエ人格出しちゃって、
キレまくっちゃった次男が、可愛くてしょうがありませんでしたよ。



David01.jpg←オネエ人格出現中の次男

彼氏(ダンサー)にも褒められた、↑HOTなテーシャッツは、もちろん、勝手に借りた妹(高校生)のテーシャッツ。

ずっと付き合ってたらしい、セクスィーな黒人警官のキースと、最近別れちゃって、荒れ気味なんだけど、ワタクシ、これからもフィッシャー家の次男から目が離せないわ。

投稿者 kove : 03:09 PM | コメ(0) | f・血迷い部

August 27, 2005

ジェームズ・ディーン物語


ジェームズ・フランコくんが、ジェームス・ディーンを激似で演じて、ゴールデン・グローブ賞のTV部門の男優賞を貰ったっつー、2001年製のアチラのTVムービー、「James Dean」が、NHK BS2さんで、9月30日(金) 後7:45~9:18に、衛星映画劇場の枠で、
放送されるんですってよ!
(←クリックで、でかサービス。)

ワタクシ、イイ年こいてますけど、ジェームス・ディーン世代ではないわけで。
できれば、ジェームズ・フランコ世代でいたいわけで。

いや、それはどうでもいいわけで。

なんつーこと言ってたら、あらら。



放送日と同じ日にDVDが出るわけで。

↑すでに、上の画像は、DVDのパッケージなんすけどね。

これってどう言う事なんだろ?
版権とか、そういう関係?

全然関係ないけど、
“蠍座さん(札幌のミニシアター)で上映される作品は、同じ時期にDVDが発売になる作品が多い。の法則
を思い出した。

わかりづらくてごめんめ。

投稿者 kove : 09:45 PM | コメ(0) | c・覚え書き

「Brokeback Mountain」

BrokebackMountain.jpgヒースとジェン@ドーソン(Michelle Williams)が、コレで出会って結婚しちゃったっていう、
しかも子供もうまれちゃうっていうか、コレが原作で、あらすじに軽くドッキリの、
「Brokeback Mountain」

←このポスターに、軽くドキドキしつつ、予告編を見てみたよ。

めっちゃ硬派な感じだ。
硬派って言うか、めっちゃめちゃ辛そうだ・・・。

でも、ちゃんと聞き取ってないし、良く分かってないながらも最後んトコのワンシーンが、めちゃ切ね~

ちなみに、軽くドッキリなあらすじは、

(夜、追記したよ。)



“ワイオミング州のブロークバック山の麓の牧場に雇われ、一緒に羊飼いとして働いているうちにやがて同性愛の関係になった2人の青年が、その後それぞれの生活を送りながらも周囲の疑念や偏見を顧みず長年に渡って2人の関係を続けていく姿を描いたビターな人間ドラマ。”
(allcinema ONLINEさんより。)
だそうで。

この前見た、コレの長髪時のヒースが、めちゃめちゃズラっぽくて、映画もワタクシ的にいまいちで、しょんぼりだったので、この予告編のヒースがめっちゃカッチョ良く見えるわ。

相手役は、頭がデカイジェイク・ギレンホール
あの目でヒースを見つめちゃったりしてますよ、奥さんっ

ウエルコメ、熱烈希望。


*↓こっから、追記。*

うわーー、コチラに、画像が~
ヒースとジェンの結婚式だしーー
っていうか、コレとか、なんかグッと来るわぁ~~
あ。

もー、何が何でもウエルコメ希望ぉぉぉーーっ

投稿者 kove : 12:17 PM | コメ(0) | c・覚え書き

August 26, 2005

ハッカビーズ/I Heart Huckabees

huckabees.jpg
夏休み明け一発目、コレ見てきました。

怒られメール覚悟で言わせていただきますと、ジュードローはやっぱり気持ち悪いです。
生理的にダメです。

過去、サイト内にジュードローのページを持っていた素敵主婦相手に、どのくらいジュードローが気持ち悪いかと語ったことがあるワタクシ、劇場カウンタで、ジュードロー好き中年女だと思われたら嫌だなぁ・・などと、物凄い自意識過剰全開で臨みましたよ。

どの程度自意識過剰だったかというと、チケットカウンタで、



ジェイソン・シュワルツマンの・・・えっと・・なんだっけ・・・ハッカビーズ一人」

だってさ。
しかも、ジェイソン・シュワルツマンって言う時、カミカミだったし。
“マーク・ウォールバーグの”って言えばよかったかな。
それも噛みそうだけど。

っていうか、ワタクシ、ジュードローのファンだと思われるのは嫌だけど、ジェイソン・シュワルツマンのファンだと思われるのはいいのか。

・・・いいな。

いや、あの体毛は、相当ヤバイけど。
腕毛で三つ編みできそうだし。
胸毛とか裏腿毛に至っては、もはやホラーだし。
っていうことは、このコの裏腿毛もホラーなのか・・・?(そんなこたぁ、全然関係ない。)

でもね、可愛く見える瞬間があるんですよ。幾度となくね。
たとえ、右ほっぺのホクロから毛が生えていようとも。(憶測。)

で、映画なんですけどね。
これがね、ワタクシ、かなりグッと来ちゃいました。

主役のジェイソン・シュワルツマンから、キモいジュードローから、ダスティン・ホフマン、リリー・トムリン、マーク・ウォルバーグ、ナオミ・ワッツ、イザベル・ユペール (エリカちゃんっ!)が演じるそれぞれのキャラが、それぞれにズレまくったテンションで繰り広げる摩訶不思議な世界。

その世界から、最後に現れてくる・・・ような気がする真理みたいなモノが、ずっといつも自分の中にあったモヤモヤーっとした何かと、ピターっとはまった・・・ような。
そんなような感じ。

ものすごい抽象的で、自分で言ってても、“ホントに、ピターっとはまってんのかいな。”と言いたくなるんだけど、見終えた後、そう感じてしまったんだからしょうがない。

無理して言葉にしてみると、
人間と人間の係わり合いの妙で生まれる自分こそが、自分なのも知れないなー
とか。

ちょっと前に流行った、“自分探し”みたいなのって、全然好きじゃないんだけどね。
だってさ、
“探さなくちゃ居ないのか自分、探して見つかった自分って、ホントに、本当の自分なのか自分、探してる間に都合よく作ってないか、自分。”
と思っちゃう。

余計なお世話部として発言させていただくと、“自分”とか、“人間関係”とか、“幸せ不幸せ”とかそういう事がなんとなく脳内に引っかかってるとか、どうも煩わしく感じたりしてる方、もし、この映画を見られる環境にある場合、観てみると何か、とっ掛かりがあるかもしれないので、試してみて欲しいかも。
コレ、大きなスクリーンで、どっぷりと浸ってみた方が効果大だと思うし。
おうちのTVで、なんか食べながらとか、トイレに行ったりしながら観ると、効果薄いかも。

どっぷりと浸りながら観たワタクシ、ダスティン・ホフマンとリリー・トムリンが演じてる哲学探偵のあの、
“ある意味、荒療治”を、機会があればぜひとも受けてみたい気持ち。
絶対、機会は無いと思われるが。

投稿者 kove : 12:42 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

羨望。

honorary.jpg

よんじろお・すげーな、こいつ。
       ジャケ写だけでなくて、テーシャッツにもなってるよ。

よんじゅん・ん~

よんじろお・いつかぁ、おらたちもテーシャッツになれるかな。

よんじゅん・んん~~



よんじろお・っていうかよ、こぶちゃん、コレ、買ったのか。

よんじゅん・ん~・・・

なんだよ、よんじゅん、最後んトコ、ちょっといつもと反応違うじゃんか。“・・・”って、どゆ意味よ。

ってなわけで、ワタクシバンドテーシャッツに手を出してしまいました。

ずっと前に、kazukoさんに教えていただいた(というか、貰っちゃった。)アルバムが、あまりにも素敵デザインだったのですよ。
アルバムも、もー、ほんっとすっごい好きです。
5枚入るシーデーデッキから、今んトコまだ一度も出されたことありません。
只今夏休み満喫中のkazukoさんのオススメに、ハズレ無し。コレ決定事項。

てなわけで、The Honorary Titleさん公式サイトのお店で、ついポチっと。

なんだか知らないけど、到着するまでに、1ヶ月以上かかったような気がします。
しかも、サイズSなんだけど、やぱデカイので、2回ほど水洗い→乾燥機作業を繰り返した結果、微妙に縮んでくれたのはいいんですけど、ブルーがちょっと薄くなったような・・・
あと2回くらい水洗い→乾燥機したいんだけどなぁ。
でも$15だし。
ま、いっか。

投稿者 kove : 11:37 AM | コメ(0) | k・村津よんじろお

August 23, 2005

「Just Friends」

JustFriends01.jpg
ちょっと、奥さんっ!
この太っちょさんってば、
コイツライアン・レイノルズ)ですってよっ!

なんか、太ったウィル・フェレルみたいな感じもするけど。

アチラで、11月23日に公開予定の、
「Just Friends 」っつー映画だそうで。

共演は、絶叫シリーズでお馴染みの、Anna Faris

おや?クリスの名前もあるじゃな~い。
きっと、捕まる前に撮ってたのね・・・あ。

お話は、
“イケてない高校時代を過ごした男子が、好きだった女の子に相手にされず、大人になって女タラシになって云々”
みたいな?

このへんに、いっぱいキッツイ画像あり。
女タラシになってからは、やっぱ、かっくぃ~

公開なんて、贅沢は全然いいまへん。
せめて、国内版セルDVD希望。

投稿者 kove : 04:17 PM | コメ(0) | c・覚え書き

二度目の登場。

久々の眼鏡部。
(←クリックで、でかサービス。)

ナイスだね、ナイスだよ。

だーっ

投稿者 kove : 12:21 PM | コメ(0) | i・ひとり眼鏡コミュニティ

August 22, 2005

祝・色々。

祝・夏休み終了

長い長い夏休みも、やっとこ終わり、思いっきり昼寝したいワタクシですが、みなさん、いかがお過ごしですか?
思いっきり昼寝しようと思ったら、お昼にチャチャイが、外出先から昼ごはんを食べに帰宅しやがって、
全然寝られませんでしたよ。

刺す?
刺しとく?

さて、一家の稼ぎ頭を刺すか刺さないか考えてる場合じゃありません。

祝・V2、駒大苫小牧高校達

なんかもう、おばちゃんどうして良いのか分かりません。
なんかプレゼントでも送ってみようか。

ヘルメット200個とか。
一番良いやつだと・・・

9450円×200個=1890000円か。
バイトでもしようかな・・・。

あ、そうそう、京都ほか大西君達(京都外大西高校)にも、ワタクシが焼いた、「祝・V2饅頭」を9個くらい送っておいた方がいいかな。
(あ、背後に刃物の気配が・・・)

あと、もうひとつのは・・・



祝・身元判明

やっぱね・・・
そういうことだよね・・・

当初はプロ級と伝えられたピアノの腕前も実際は同じキーを繰り返したぐらいで、男性もそれほどうまくないことを認めたという。

ってのが、もう、泣けるほどしょぼい。
しょぼしょぼ。

しっかし、“本人が否定した”っていう、チェコのロックバンドのキーボード演奏者も気になるけど、
フランス・ニース出身の路上ピアニストってのも、異常に気になる。

路上でピアノ・・・

移動は、軽トラだろうか。

投稿者 kove : 05:05 PM | コメ(0) | a・雑記

August 20, 2005

熱闘。

みなさん、

駒大の事は、そっとして置いてください。

だめだめ。
もー、だめだめ。

「駒」とか聞いただけで、ドキドキです。
今、コレ書いてるだけで、手がぶるぶるです。

昨日は、どこ行っても、AMラジオが流れてましたよ。
外出先で、ドキドキしたくないのに。
聞きたくないのにー

昨晩、珍しくワタクシが起きてる間に帰宅したチャチャイ様が、こんな番組見るもんだもん、ワタクシ、それだけで号泣ですよ。
キャプテン林君の、帽子ネタは、反則です。

がぁおぉぉ~~

だから、今日は、もう、ネットも見ないようにしますよ。



平常心を保つために、去年のキャプテン・佐々木君で、もきゅ~んとするかな。

komadai3.jpg

もきゅーーっ

楽しんだもん勝ちだよ>駒苫達。

投稿者 kove : 09:41 AM | コメ(0) | a・雑記

August 19, 2005

マダガスカル/Madagascar(吹き替え版)

penguins.jpg
夏休み特別企画☆

・・・・・。

と言えば、聞こえは良いが・・・。
小学二年生くらいの小動物との休日が、もうどうしようもなくなって、コレを見に行きましたよ。



本当の主役は、表に出てるキャラ(ライオン、シマウマ、カバ、キリン)じゃなくて、↑このペンギンズでした。
いや、マジで。

あと、数々出てきた映画のパロディの中でも、一番可笑しかったのは、音楽が流れた瞬間、おや?とおもいつつ、思いっきし意表を突かれた、
「アメリカンビューティー」の例のバラの花びらぴらら~のシーン

日本のお子様達は、絶対、そんなの知らんちゅーのな。
大人も誰一人笑ってなかったけど。

今回、吹き替え版でがっくりしてたんだけど、思ったほどしらけた感じはしなかったかも。
っていうか、なかなか良かったかも。

びっくりしたのは、この人がやってたシマウマが、上手だった~
この人とかやりそうなキャラだったけど、そうでなくて良かったかもね。

あと、これまた意外と良かったのは、裏主役のペンギンズの隊長。
この二人の、どっちからしいんだけど。
顔のでかい方かな。
いや、なんとなく。

そうそう、不思議な事に、キリンは、まんま、コレの、うっちーだったよ。
しゃべり方はモチロン、キャラとか、動きまでも。

で、内容なんだけどね・・・

えーっと・・・

真剣に語るような話じゃない・・・よね?(誰に聞いてるんだよ。>自分。)

元ネタは、コレって気もするけど、出来上がったのは全然別のモノ。
いや、それが元ネタかどうか知らんけど。

と思ったら、

ぎゃぼすっ


やめとけよ・・・

投稿者 kove : 10:50 AM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

August 17, 2005

「ドア・イン・ザ・フロア」

DoorintheFloor.jpg
のりおちゃん教えてもらったんだけど、
コレ、ウエルコメなんだねーー

ばんざーい。

最初に拾い食ったのは、ジュゲミー時代の2004年4月だってさ。
1年以上経ってんのか・・・

ようやっと、あたしも見られるのn・・・



ぎゃぼすっ

最悪や・・・

なんでや・・・

ワシが何したちゅーねん・・・

最悪や・・・

投稿者 kove : 10:08 AM | コメ(0) | c・覚え書き

August 16, 2005

ティンチョアワーのデカちく。


Teen Choice Awards 2005で、
Action/Adventure/Thriller部門の男優賞を獲った、デカちく
←クリックで、でかサービス。

10月に日本にもウエルコメの「蝋人形の館」(←アチラの公式サイト)で、
もらったのね。

その他の受賞に関しては、もう、やんなるくらいコレばっかだね。
いや、ライアン・ゴズリングはいいのよ。
間違いなく。
でもね、この映画がさ・・・(以下自粛。)

でもそんなことはどうもよくて、デカちくカッチョイイ・・・



コチラに、その他、スターのみなさんの姿があるんだけど、デカちく、ぶっちぎりでカッチョイイ・・・

スタイリストさんに着せられてるにしても、これはカッチョイイな・・・

いつも変わらないから、髪の色は自前なんだろうな・・・

この意味不明なポーズもなんか、カッチョイイし・・・

あー、俺、デカちくにやられるたぁ、かなり不覚。

でも、カッチョイイ、デカちく。

投稿者 kove : 09:52 AM | コメ(0) | a・雑記

August 15, 2005

Japan International challenge 2005

ぎゃぼーーーーん・・・

な、な、何よコレは!

ジャパン インターナショナル チャレンジ 2005

エフゲニー・プルシェンコに、ジョニーくんに、
ジェ、ジェ、ジェフ~~

もひぃ~~~

S席 15,000円 か・・・

っていうか、全然行けるわけ無いんだけども。



johnny.jpg
こんなんとかも・・・

jeff.jpg
こんなんとかも、俺は見れないのか・・・
(上下とも、画像は血迷いキャプチャ部さんより。)

もー、泣きたい。

てか、ちょっと死にたい。


ちょっとだけね。

投稿者 kove : 08:10 PM | コメ(0) | c・覚え書き

僕の大家さんの夏☆2005




こんにちは、僕だよ。
大家さんが帽子を被せてくれて、より可愛らしい僕で登場だよ♪
クリックすると、可愛らしい僕が、より可愛らしく見られるよ(≧c_≦)☆

そんな可愛らしい僕が、今日は僕の大家さんのお盆ライフをレポートするよワクワクo(*^o^*)o



疲れたから、顔文字はやめるよ。テヘ☆

大家さんのご主人は、お盆もお休みが無いんだってさ。
悲しいよね・・・
大家さんも、おかんむりだよ。プンプン

毎日毎日、小学校二年生くらいの小動物と一緒で、こめかみ辺りに血管が浮き出てるよ。
僕、怖ぁ~い

一昨日は、お友達の美人OLさん御一家を、屋上プールにご招待しようと思ったのに、
ご主人さんが小動物を連れてサッカーを見に行くっってんで、キャンセル。

だけど、部屋の片付けなんかをして汗だくになってたら、昼寝する暇も無く帰ってきたらしいよ。
そりゃ、大家さんも脱力だね。

次の日は、あわや、大家さん一人で小動物を連れて、ご主人さんの実家のお墓参りに行くハメになるところ。
寸での所でそれは、回避したみたいだけど、そんな話、僕でもヒヤヒヤだよ、まったくも~

難を逃れた大家さんは、そのあと、あまりの暇さに、小動物を連れて近所のモールにお出かけしたんだって。
お盆だから、みんな帰省や行楽に出てるみたい。
いつも週末は混み混みのモールもスカスカで、良かったらしいよ。

でも、気分良くフラついてた大家さんを驚愕させたことがあったんだって。

話は、ちょっと前に、車に乗ってるときに遡るよ。

大家さんは普段、ラヂオあんまし聞かないんだけど、たまたま(僕ってばタマタマだなんて☆)流れてた女性ボーカルが、
どエライ好き系で、誰だろう?って、ずっと気になってたんだ。
この局なんだけどね、曲名も歌い手さんも聞き逃して、今月のメガプレイってことだけは聞こえたよ。

お試しで聞けるよ。(ウィンドウズメディアプレーヤーが開くよ。)

うわぁぁ、なんかめっちゃ兄さんっぽー


そして、モールのタワレコさんの入り口の立て看板で、驚愕よ。

ノース・ウェーブ、今月のメガ・プレイ!カリフォルニア発サーフ系イチオシ、トリスタン・プリティマン
(↑多分こんな感じだったよ。)


こ、こ、こいつ、寄せチチじゃんっ

大家さん、どうするの!?
買うの?
寄せチチ買っちゃうのぉ~!?


大家さん、色んな事、今年は最悪のお盆だね。

大家より一言:

すっごい聞きたいけど・・・

ぜってー買わねーーっ

投稿者 kove : 10:31 AM | コメ(0) | a・雑記

よん's ・・・夏  2005。

yons_p02.jpg

よんじゅーん、あつあつのおくじょうで、まとんのじんぎすかんでもくうどー
(マトンかよっ!安っ)




yons_p01.jpg

ん~~~~
(蟹かよっ!しかも、毛蟹!?)


(ご馳走は、でんでんさんから以前頂いたモノ。てんきゅ~でんでんさん、やっと使えたよ。ところで、夏休み、どお~?)

投稿者 kove : 10:17 AM | コメ(0) | k・村津よんじろお

August 14, 2005

「Rumor Has It」の子犬!?


コレ、子犬かちら!?

(←クリックで、デカ。)




公式サイトで、予告編を目を皿のようにして見た結果、ミーナ・スヴァーリちゃんの彼氏役ってことから、コレが子犬・・・
かな?と。

いや、背も一番デカイし・・・

・・・・。

もぉーーいぃぃぃーーーっ

えぐっえぐっ・・・

投稿者 kove : 11:27 PM | コメ(0) | h・子犬部

「Everything Is Illuminated」

everythingisilluminated.jpg
Jonathan Safran Foerという作家さんが24歳の時に書いたデビュー作、
「エブリシング・イズ・イルミネイテッド」の映画化だそうで。
原作は、相当評判が良いようですね。

監督は、ワタクシの中で、虐げられ役やらせたら世界一俳優の、
Liev Schreiber(迷作「オーバー・ザ・ムーン」の虐げられた旦那さん役とか、コチラも迷作「トータル・フィアーズ」の虐げられるCIA工作員役とかの人。)。
←なんか、七三の気持ち悪い主人公・ジョナサン役は、フロド。
あ、Elijah Wood

お話は、
“日常のなんでもコレクションしてしまう変なクセのある、ユダヤ系アメリカ人のジョナサンが、その昔、ウクライナの小さな村にナチスが侵攻してきた時、彼のおじいちゃんを助けてくれた女性を探すために旅に出る。”
みたいな。

公式サイト

何故にワタクシが、フロド横分けイライジャーのに反応したかっちゅーとね、



(←クリックで、デカ。)
フロドイライジャーじゃないよ、その後ろに、おやおや?
なんだか、変な帽子被って変なジャージ着て変な顔した男子、気になるじゃない~い?
え?
気にならない?
あ、そ。
あたしは、この画像を偶然見ちゃって、気になりまくりましたよ。

そこで早速、
アップルさんちの予告編

いや~ん、なんか、かわいくねー?
ラブリーな英語しゃべってるし、白いし、ひょろっとしてるし、ボケっと具合がなんとも愛らしくない?

・・・・・。
愛らしくない。
あ、そ。

Eugene Hutzさん。

Gogol Bordelloっつー、gypsy punk bandのフロントマンだそうで。

は、激しそうですね。
は、激しそうだけど、この映画では、エライ愛らしい感じですね。

っつーか、予告編を見た限りでは、エライ愛らしい雰囲気だし、全体的にファンタズィック感モリモリじゃないっすか。

監督さん、こんな顔して意外とラブリーな方なのかちら?

投稿者 kove : 12:44 AM | コメ(0) | c・覚え書き

August 11, 2005

あれ?Mraz姐さん?


ワタクシずーっと、Mraz兄さんの新しいのを聞きまくってますが、皆様いかがお過ごしですか?
聞きまくってますか?

全米の皆さんも聞きまくってるみたいですよ。
全米アルバムチャートで、初登場第5位(Billboard.comさんより。)ですって。(8月2週目)
コールドさんとか、ゴリラズさんの上に名前があるのが、なんとなく嬉しいですよ。

ワタクシ、聞きまくりながら、コレで、コレってこたぁ、9日の兄さんのライブか、10日の鼻づまりのライブ、どっちかにどっちかが出ちゃったりしないのかな・・・と、勝手に一人でドキドキしてたりするのですが、そんなこたぁないかぁ。

無いか。

無い無い。

どうせ行けないし。



で、兄さんの新しいやつなんですけど、とりあえず驚いたのは、4曲目「Mr. Curiosity」が、
featuring:もののけ姫の人だったってことかな。

え?違うの?

なんか4曲目聞いてる途中でふと、“相手が気に入らなくて暴行”((参照(個人サイト様に飛びます。))とかそんな言葉が浮かんじゃったりしたんですけど・・・

あれ、兄さんなんだ・・・

いや、相手が気に入らなくて暴行したのが、兄さんってことじゃなくて、途中でオペラっちゃってるのがってことよ。(当たり前。)


とにかく、オペラっちゃったり、ムード歌謡っちゃたり、バンデラさっちゃったりして(もしくはラテンっちゃってる)、
大忙しの兄さんなワケだ。
どの曲が、ムード歌謡っちゃったりとかバンデラさっちゃってるかは、聞いてもらえば判ってもらえると思うワケだ。

兄さん大忙しで大自信作に文句は言いたくないが、でもね、コレだけは言わせて欲しい事が一つ。

この曲は、入れるわけにはいかんかったですかっ!?

コレ、好きなんだけどな・・・

どっかにMP3とか落ちてないかな・・・

ちなみに、どっかで見た、このアルバムのオススメ曲は、

1. Life is Wonderful
3. Geek in the Pink
5. Mr. Curiosity
7. Bella Luna

だったんですけど、
不肖ワタクシのオススメは、

3. Geek in the Pink
4. Did You Get My Message?
8. Plane
10. Please Don't Tell Her

あくまでもオススメと言う事で。
ワタクシ的には、ほぼ全部大好きです。
ほぼ。

特に、3. Geek in the Pink の、
3回目の♪I don’t care what you’re thinking about me~♪の、“about me”部分
が、最高にオススメ。(わかりずれ~)
っていうか、最高に好き。


でも、一番好きなのは、コレ

だから、それ、入ってねーってばよ。

投稿者 kove : 10:17 AM | コメ(0) | a・雑記

August 10, 2005

やめるよ・・・。

ちん☆こ軍団とか、チープなエロ広告とか言われたり、緊急連絡網が回ったりしたようなので、
捨て身バナーは、もうちょっとでやめます。
(終了。)

お好きな方は、とっとと保存してください。

て、そんな奴ぁ、いねぇ。


つぎのやつを大至急作らねば・・・



その前に、晩御飯を作らねば・・・

投稿者 kove : 05:29 PM | コメ(0) | a・雑記

August 09, 2005

ナポテーシャッツだ!

parisparis.jpgうわー、パリスの彼氏のパリスくんも、ナポテーシャッツ着てるーっ
(↑画像は、abaca pressさんから、パクってきた。)



と見せかけて、良く見たら、

“Vote for PARIS”

だったら、可笑しいな。
しかも、その“PARIS”は、自分のことだったら、彼の事好きになっちゃうかもな。

ケツの上に、“健康家族”って、タトゥー入れちゃう(のりおちゃん情報)あたりからして、意外とオモレー奴なのかも知れないしね。

いや、オモレー奴じゃなくても、好きになっちゃうわ。

全然オモロくもなんともなくても、好きになっちゃうわ、絶対。

ものすっごいムカツクほど、つまんねー奴でも大好き。

もー、大好き、スキスキ、超好き。

結婚して。

結局そういう事か。

投稿者 kove : 01:54 PM | コメ(0) | a・雑記

August 07, 2005

「シンデレラマン」の息子くん。

CinderellaMan.jpg
昨日の映画の前にやってた、コレの予告見てて、
“おや?美男子さん?”と思ったら、助手でガッカリした後、
「シンデレラマン」の予告で、うっかり鼻から涙ですよ。

ラッソーさんも、レネーさんも興味ないし、ボクシングにも、悲しい話(勝手にそう思い込んでいる。)にも、今は興味ないので、全然気にしてなかったんですけど、コレ、公開になったら見に行ってしまいそうです。



アップルさんちにある予告を見てくださいよ。

真ん中より少し前あたりまででいいです。

“仕事が無くて頼れる当てもありません。助けていただけませんか?”

で、ぐわーっときて、

“約束するよ、どこにもやらない”

で、んふーと鼻から空気が漏れて、

CinderellaMan01.jpg←コレで、じょろろろ~~(鼻から涙。)ですよ。

というわけで、↑この、めっちゃかわゆいブサイク泣き顔の子、

(←クリックで、でかサービス。)

Connor Priceくん(10歳。)
もきゅ~
多分、シンデレラマンの長男役(Jay Braddock)。

コノ映画のプレミア時では、実に微妙ですけど、多分、おばちゃんの希望的観測では、もうちょっと大きくなって永久歯と顔の大きさのバランスが取れた頃には、美しい少年になってくれるんじゃないでしょうか・・・?


日本には、9月17日にウエルコメだそうですよ。

投稿者 kove : 01:09 PM | コメ(0) | b・拾い喰い

ひとりでもたのしいもん。

先日、こんな事言ってたフリーの当日の話。

結局は、ココに、ひとりで行っちゃったりして。

家族連れや、カップルさん達で大賑わいのモールを、ひとり闊歩する心地よさったら。



絶対買うわけない物凄いぶっ壊れたジーンズを試着してみたり、絶対買うわけないヒラヒ~ラでスケス~ケなキャミソールを試着してみたり、絶対買うわけないアキレス腱がブチギレそうなピンヒールを試し履きしてみたり、絶対買っちゃいけないカラスの死体みたいなバッグを買ってみたり。(あ・・・。)

昼ご飯も食べないで、炎天下をグルグル歩き回って、めちゃ楽しかった。

でも、一番嬉しかったのは、空腹と暑さでぶっ倒れる寸での所で立ち寄った、ココで、ラブラブ・ハッピーオーラ出しまくりのカップルさん(男性×男性)が、商品を手にとってニッコニコし合っていた姿を見たことかな。

その時のワタクシの気持ちを、一句詠んでみようか。

 “役立てず、
  邪魔にもなれずひっそりと、
  見てるだけだよ、そばに居させて。”

いや、マジで。
(マジかいーっ)

そんなあったかい気持ちで走る国道36号線は、窓全開、ニコチンふかしまくりで好きな音楽を大音量で聴きながらこのままどこまでも行ってしまいたいほど気持ちイイドライブコースだったよ。

36号線、札幌で終点だけど。

投稿者 kove : 10:31 AM | コメ(0) | a・雑記

August 06, 2005

ダンシング・ハバナ/Dirty Dancing: Havana Nights

havana01.jpg

「踊れ☆セクスィ~・ラテン子犬N0.1」に大興奮してきました。

テノッツィ・ラビュ~~♡(違。)



なんつっても、テノッツィ(違。)ですよ。

もー、堪らんです。(何が?)
辛抱堪りまへん。(だから、何が?)

実は、だいーぶ前に、美男子師匠・さむちゃさんから、すでに発売されてるアチラ版DVDを見せていただいてたんだけど、やはりデッカイスクリーンいっぱいに映ったテノッツィ(違。)は、もう、気をつけてるつもりでも口元が、ニヘラァ~~っとしてしまいますよ。
めんこ過ぎ。

そんなめんこいテノッツィ(違。)が、激しくダンスィング、そして、やぼったい相手役女子と、ねちこくダンスィング、そして、照れたり怒ったり笑ったりチューしたり

“やぼったい”と意地悪く書いたけど、この女子、Romola Garaiちゃんも、相当良いんだと思うよー

始めの、もろガリ勉ちゃん(でも、充分キレイ)から、ハビエル(テノッツィ(違。))に出会って、ドカドカ綺麗になっちゃうし、踊りもドカドカセクスィ~になっていくのね。
それが、嫌味無いし、応援したくなるのよ。
ちょっと、ガタイがよくて、テノッツィ(違。)、小ちゃく見えちゃうんだけど、その辺もアメリカン女子と、現地(現地?)男子って感じ出してんのかな。

それにしても、コノ映画はなんとも惜しいですよ。
惜しいというか、もどかしいというか。

ダンスも音楽も、思わず身体が動いちゃいそうになるくらい、めさめさ素晴らしいのね。
だから、いっそ、もっともっと、青春丸出しにして欲しかったかも。

たしかに、キューバ革命前夜ってことで、コノ二人の恋の行方が決定するんだけど、そういう政治的な辛いことが、ちょろっと散らばってるから、シリアス加減が濃過ぎるような気がするのよ。

その割には、政治的なこと無知なあたしにも、ちょっとお気楽過ぎなんじゃない?と思わせる部分もあるし。

ま、一番大事なダンスが良ければそれで、オケーなのか。
オケーにしておくか。(何様?)


そうそう、コノ映画で、テノッツィ(違。)は、間違いなく最高に素晴らしいんだけど、フォードの社長の息子役Jonathan Jacksonも、意外と、ほんっとに綺麗な顔してますよ。
デカイスクリーンに大写しでも、全然オッケーで、軽く見とれちゃいますよ。
でも、背が小さいのがなんとも口惜しゅうございますよ。
役柄は、なんだか適当臭くて可哀相だけど。

投稿者 kove : 10:48 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

August 04, 2005

アイランド/The Island

island.jpg

結局、近場でお気軽に見られる(と、思っていた。)「パーカーにMA-1着せたら世界一」を見てきちゃってるし。

コレ、簡単に言うと、

もきゅ~ううう・・・うわっ(苦笑い)もきゅ~えええっ!?脱力・・・で?

て、感じか。

さらに一言で言うと、

・・・・・・・・珍味。

かな。



以下、豪快にネタがバレてるような、バレてないような。
いや、バレてる。
バレバレ。
見る予定の方は、読まないほうが絶対にいいです。

ユアンは、相変わらず素晴らしくいいですよ。
クローン時の15歳の少年(ホントは3歳。)ぶりも非常に良いし、依頼者時のいやらしいスコットランド男も良い。
初めてのチューとかもう、もきゅ~だし。
目じりなんか、しわしわなのに、途中から、全然、まったく、少年に見えちゃうもんね~

そこに持ってきての、スカーレット・ヨハンソン嬢は、どうなんだろ・・・
乳ばーんの、ブロンドわっさーの、お肌つるっつるーで美しい美しいなんだけど、初めてのチューで舌入れてましたよっ
そんなの、ありですかぁっ
おばーちゃん、納得できませんけどーっ

いや、そういう演出だったのか・・・
実際の15歳同士の青春モノとして見れば、やはり女子の方が上を行ってるってるってことなのか・・・
なるほろ~(一人納得。)

その他諸々、全然オカシイことや、疑問なことてんこ盛り盛りなんだけどね、なんつーか、見方次第で、すっごい堪能できる作りなのかも。

タイプの違う二役を演じまくるユアンを堪能するとか、
普通に美しいヨハンソン嬢を堪能するとか、
その二人(中身は15歳。)の、えーっと・・・色んな事知っちゃうっていうか・・・成長?しかも急激な?を、堪能するとか、
豪快に都合の良い超ド迫力アクションを堪能するとか、
軽く眩暈なグロいシーンを堪能するとか、
クローン問題とか不妊治療+生命操作の問題とかへの中途半端なアプローチを堪能するとか、
これまた泣けるほど中途半端な近未来描写を堪能するとか・・・
とかとか。

でも一番、珍味と感じたのは、なんだろ・・・
コノ映画にユアンが出てて、すっごい合ってる様な、そこだけが成功してるっていうか、そこだけの大成功で、なんか見応えあるなーって思っちゃうって言うか、とりあず、完成した作品を見たユアンの、率直な感想が聞きたいっていうか・・・
そんな感じ。

あ!
そうだ!!
ヨハンソン嬢が演じるクローン“ジョーダン・2・デルタ”が、自分の元の人間(依頼者)のトップモデルさんを見てしまうっていうシーンがあるんだけど、それがなんと、実際にヨハンソン嬢が出てるカルバン・クラインの広告使ってんのよ。



←コレ。
(クリックで、でかサービス)

そう!相手役は、
コレで、コレの、コイツよ!

うわー、“Calvin Klein Model”で、ちゃんとクレジットされてる~

確かに、ちゃんと出てたしなー
ちゃんと素敵ッスだったしなー

ちょっと嬉しかったよなー

やっぱ、おまじないグッズのおかげかなー

でも、内容とは全然関係ないなー

投稿者 kove : 11:10 PM | コメ(0) | d・映画メモ部まであと一歩

続・夏休み・2005。

さて、いい話をした舌の根も乾かぬ本日、娘放置で昼寝かました、ワタクシ、
明日は、待ちに待ったフリーです。

娘、お泊りです。

わーっはっはっはっはっはっはっ・・・ははは・・・はは・・


誰か遊んで。



誰も遊んでくれそうにないので、明日からバーゲンらしい、ココに、ひとりで行っちゃおうかと思いましたが、
ひとりだと、ノーリミッター確実なので、映画にでも行こうかと。

ほんで、どうせなら、普段は行けない、平気で夜1回上映とかしちゃう、鬼のような映画館とか行っちゃおうなかーとか。

んで、コレあたり面白そうかなーとか。

あと、コレあたりも、見たいかもーとか。

いやいや、コレは、外せないでしょーとか。

ついでだから、コレも見ておきたいしーとか。

だったら、コレは、どうすんのよーとか。


買い物するよりお金かかりそうだ。

投稿者 kove : 12:48 AM | コメ(0) | a・雑記

August 02, 2005

夏休み・2005。

夏休み、毎日毎日、キレそうなワタクシをふと冷静にさせた、心温まるエピソードを一つ。


ワタクシ、夕方から、久しぶりに頭の激痛で、のた打ち回ってました。

ヤバイと思って、ナロンエース一気飲みしたときには時すでに遅し。

デッカイ保冷剤で、顔面から後頭部までの感覚を無くして、激しい吐き気と震えにじっと耐えてみたり。

早く効くはずのナロンエースが効き始めるまで小一時間ほど、意識飛ばしてたら、娘が布団掛けてくれてましたよ。

暑い・・・。



そう言えば、ワタクシがのた打ち回り始めた時、娘、どっかに電話かけてたような気がするんだけど・・・

“おかーちゃん、きうきうしゃーーっ”とか言ってたような気もするんだけど・・・


とりあえず、今の所“きうきうしゃー”は来てない模様。

娘は横で、服のまま布団かぶって寝てるし。

汗だくだ。

でも、歯は磨いた形跡がある。

いい子に育ったな・・・

明日はちょっとだけ一緒に遊んでやるか。

ちょっとだけだけどね。

明日だけだけどね。


薬が切れる前に寝よう。


オチとか無いからね。

投稿者 kove : 10:18 PM | コメ(0) | a・雑記